QRコードでチェックイン/チェックアウトのやり方

2019年4月22日から、タイミーに「チェックイン/チェックアウト」の機能が追加されました。

業務開始時と終了時に、勤務先に用意されている「QRコード」を読み取るプロセスになります。

一般的なアルバイトでいうところのタイムカードのようなものですね。

実際にやってみて、どのような流れで行うのかを紹介します!


チェックイン

簡単な流れ

  1. 店舗の端末でQRコードを提示してもらう
  2. タイミーアプリからQRスキャナーを起動
  3. 業務を選択して読み取る
  4. チェックイン完了!


店舗側から「チェックインお願いします」QRコードを提示されます。

チェックインしないと遅刻・欠勤扱いになってしまう可能性があるので、先方から言われない場合はこちらから確認しましょう。


ワーカー側はタイミーアプリを開き、最下段中央の「QRスキャナー」をタップします。

左下の「チェックイン」をタップすると応募済みの業務一覧の画面になるので、該当業務をタップします。

するとQRコード読み取り画面に切り替わります。

店舗側から提示されたQRコードにスマホをかざして、画面内に収まるようにします。

読み取りが成功すればチェックイン作業は終了です。


チェックインが済むと完了画面が表示されます。

これで無事にお仕事開始となります!


注意点

業務開始予定時刻を1分でも過ぎてチェックインしてしまうと遅刻扱いとなり、報酬が減額される可能性があります。
店舗には開始時刻の10分前に到着し、必ず開始時刻前にチェックインするよう気をつけましょう。

時間より前に到着していたにもかかわらず店舗側のQRコードの用意が遅れて時間通りにチェックインできなかった時は、必ず業務後にタイミーに連絡しておきましょう。

※「チェックイン/アウトの忘れ・トラブル」について、詳しくは公式ヘルプページをご覧ください。


チェックアウト

業務終了時に行うのがチェックアウトで、こちらも流れはチェックインと同様です。
店舗側からQRコードを提示されるので、タイミーアプリのQRスキャナーでコードを読み取ります。

チェックイン/アウトの時刻を確認してから「報酬を受け取る」をタップします。

すぐに報酬が確定し、直後から銀行振込申請ができるようになります!

この時点で13時前であれば、当日15時に銀行に振り込まれます。


注意点
業務終了予定時刻を15分以上過ぎてチェックアウトすると、残業扱いとなる可能性があります

店舗側の指示で残業した時や、時間通りに業務が終了していてもチェックアウトが15分以上遅れてしまった場合は、必ずタイミーに連絡しておきましょう。

※「チェックイン/アウトの忘れ・トラブル」について、詳しくは公式ヘルプページをご覧ください。


チェックイン/チェックアウトは通常のアルバイトのタイムカード打刻にあたる部分になります。

これを行うことで業務終了後店舗側の処理を待たずしてタイミーアプリ内のウォレットに報酬が即時反映され、振込申請が行える状態になります。

凄く便利な仕組みである一方、チェックイン/チェックアウトを忘れたり、遅れたり、スマホの電池が切れてできなかったりするとトラブルの原因になりますので注意しましょう。