タイミーで働いてみた モニター調査編


さて、続いての仕事は「動画を見て脳波を測定するモニター」のお仕事です。 

募集仕事一覧を見ている時にこの仕事が気になっていたのですが、曜日、時間が合わず応募することができませんでした。

そんな時は「ブックマーク機能」があります! 

気になった仕事にチェックを入れておくと、同じ仕事が別の日に追加された時に通知が来るというものです。 


この仕事をブックマークして三日経った夕方頃のことでした。

アプリに通知が来たので確認すると、なんと翌日の午前中に30代男性のモニター募集とのこと。

本業が休みで応募できます!やった! こんなに急に追加されることもあるんですね。

確認事項は「30代」「PC入力ができるか」のみです。

時間は一時間で、報酬は交通費込みで2300円とのことです。


当日の流れ

前日応募だったからか、LINEでの最終確認は当日の朝にメッセージが来ました。  

最終確認のLINEで「業務開始時刻の10分前には着くように」との事でしたので、間に合うように勤務先に向かいます。

受付で「タイミーで参りました。」と伝えるとモニタールームに案内してもらえました。  


今回の同じ時間帯のモニターは私を含めて二人。私はこの後本業の仕事がありましたのでスーツで行きましたが、もう一人の方は私服でした。 

最初に取得したデータの取り扱いに関しての同意書にサインをしました。 


その後一人ずつ個室に通され、脳波測定用のヘッドギアとイヤホンを装着します。

ヘッドギアには脳波を測定するためのセンサーが16個ついており、脳波を検知するためにセンサー先端は食塩水で濡れていました。 


全てのセンサーが正常に稼働するまで調整が5分程度あってから、10分程度の動画を見ます。 

最初の2分程度はリゾートビーチのリラクゼーション動画。その後は最近よく流れているテレビCMが立て続けに流れます。  


CM動画を見終わった後は、最初の部屋に戻ってPCでアンケートに答えます。 

「どのCMが印象に残ったか」「それはなぜか」などで、質問は全部で15個くらいでした。入力は3分ほどで終了。  


先方のスタッフさんより「以上で終了です。お疲れ様でした。髪を整えるのによろしければ化粧室をご利用ください。」と言われ業務終了です。  

結局トータル時間は30分ほどでした。 こんなに簡単な業務もあるんですね。


仕事を終えて


業務終了後、Taimeeアプリから「業務の評価をしてください」との通知が来ました。 

業務、企業についてグッドボタンを押して、最後にコメントを送信して終了。


報酬画面が現れて達成の喜びが湧いてきます。 

このモニターのお仕事は定期的に募集しているようですが、応募は月に一回しかできないとの事でした。

こんなに簡単に出来るならまた参加したいですね!


次のお仕事レポートはこちらです!